シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの朝食をレポート!子連れ宿泊記

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの朝食

スポンサーリンク

こんにちは。マイルの名人(@mile_no_meijin)です。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの朝食ビュッフェ!

マリオット系ホテルの朝食はどこのホテルも美味しいので楽しみにしていましたが、今回も期待通りの朝食でした。

この記事では、2020年1月に宿泊した際に利用した朝食ビュッフェの様子やキッズスペースの様子などをレポートします。

ダイニングルーム「SENSES(センス)」

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの朝食ビュッフェ会場は、メインタワー1階にあるDining Room SENSES(センス)です!

座席数は160席あり、その内テラス席も12席あります。

サウスタワーからセンスに向かう場合、センスの正面出入口ではなく、裏口のようなところから入ることになります。

会場に入ると、すぐにスタッフが気づいてくれて、テーブルに案内してくれました。

朝8時頃に向かいましたが、4割程度の席が埋まっており、会場を後にした9時過ぎでも6割程度しか埋まっていませんでした。閑散期の平日の宿泊ということで、そもそも宿泊客が少なかったからでしょうか。

1歳児の子供を連れていたため、案内されたのはキッズスペースが近くにあるテーブルでした。キッズスペースの詳細については後ほどレポートします。

朝食ビュッフェの様子

早速、朝食ビュッフェの様子をレポートします。

サラダコーナー

まずは、サラダコーナー。

ドレッシングにシークワーサーがあるのが沖縄らしいですね。

コールドミール

次はコールドミール。

サーモンが美味しかったです。

チーズコーナー

チーズは3種類です。

沖縄料理コーナー

もちろん沖縄料理も用意されています。

切干大根イリチーとゆし豆腐です。

ちなみにイリチーとは、細かく切った素材にだし汁を加えて炒めた沖縄料理です。

沖縄そばもあります。

普通の麺の沖縄そばの他によもぎそばもあります。

ホットミール

ホットミールもずらっと並んでいます。

充実しているパンコーナー

パンの種類もとても多いです。

食パンやバケットからクロワッサン、デニッシュ、マフィンなど幅広く用意されています。

ジャムも紅芋やたんかんなどがあり、沖縄らしさを感じます。

パンもとても美味しかったですが、このフレンチトーストが絶品でおかわりしました。

パンケーキにトッピングするフルーツやクリーム、ハチミツやチョコレートも用意されています。

フルーツ、デザートコーナー

パンコーナーに比べると若干品数に物足らなさを感じましたが、南国を感じさせるドラゴンフルーツがありました。

ドリンクコーナー

オレンジジュースや牛乳、コーヒーなどの他にスムージーが置いてあります。

濃厚でとても美味しかったです。

キッズスペース

SENSES(センス)には通路を挟んでビーチ側には外の景色が見られるテーブル席と、メインタワーのロビーに面しているテーブル席があり、キッズスペースのあるテーブルはロビー側にあります。

ロビー側全体の写真を撮り忘れてしまいましたが、15テーブルほど配置されていました。

そのテーブルと食事が並んでいるカウンターとの間にキッズスペースがあります。

キッズエリア内に子供用の食器だけでなく、子供用の飲み物も用意されているので便利です。

我が子が食べ終わった後、キッズエリアのおもちゃ(特にアンパンマン)に夢中でずっと遊んでいました。

食事しているテーブルからキッズエリアにいる子供の様子は伺うことができるので、親としても落ち着いて食事をすることができます。

朝食の時間、料金

センスの営業時間はAM7:00~AM10:00(変更となる場合あり)。

料金は大人(13歳以上)3,000円、子供(6歳~12歳)1,500円、幼児(5歳以下)無料です。(別途サービス料10%及び消費税がかかります。)

私は、SPGアメックスカードを持っているため、マリオットボンヴォイのゴールドエリートになっています。そのため、レストランの飲食代から15%オフとなりました。

SPGアメックスについてはこちらの記事にて解説しています。

まとめ

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの朝食ビュッフェの様子をレポートしました。

センスの朝食は和洋折衷のメニューに加え、沖縄そばやゆし豆腐といった沖縄料理がたくさんあり、とても美味しい朝食でした。

また、キッズエリアも広くおもちゃもたくさんあるので、子供たちも退屈しないよう工夫されていました。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートのサウスタワーのレポートもしているので、よろしければご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート子連れ宿泊記

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です