ヒルトン沖縄瀬底リゾート子連れ宿泊記ブログ!オールデイダイニング「アマハジ」での朝食レビュー!

スポンサーリンク

こんにちは。マイルの名人(@mile_no_meijin)です。

2020年7月にオープンしたヒルトン沖縄瀬底リゾート(Hilton OKINAWA SESOKO RESORT)に、2歳の子供を連れて3連泊してきました。

泊まったのは2021年のゴールデンウィークです。

ヒルトン沖縄瀬底リゾートの朝食会場、オールデイダイニング「アマハジ」は、メニューが豊富で雰囲気も良いと評判だったのでとても楽しみにしていました。

実際に利用してみると、レストランはとても広く、開放的な大きな窓があって雰囲気は最高!

メニューもたくさんの沖縄の郷土料理やヒルトンダイヤモンドメンバー特別メニューなど、充実したラインナップ!

とても大満足な朝食ビュッフェでした!!

そんなヒルトン沖縄瀬底リゾートの朝食について紹介します。

この記事でわかること!
  • ヒルトンオナーズダイヤモンド会員特別メニュー
  • ヒルトン沖縄瀬底リゾートのオールデイダイニング「アマハジ」の様子
  • 充実した朝食メニュー
  • ヒルトンをお得に予約する方法

ヒルトン沖縄瀬底リゾートの朝食会場

ヒルトン沖縄瀬底リゾートで朝食がいただける会場は2つです。

ヒルトン沖縄瀬底リゾート朝食会場
  1. 最上階にあるエグゼクティブラウンジ
  2. 1階にあるオールデイダイニング「AMAHAJI(アマハジ)」

エグゼクティブラウンジが使用できるのは、①エグゼクティブルーム、スイートルームに宿泊しているゲスト、②ヒルトン・オナーズ ダイヤモンド会員のゲストのみ。

ヒルトンオナーズダイヤモンド会員になったので、エグゼクティブラウンジを利用することができたんですが、残念ながら新型コロナウィルスの影響でエグゼクティブラウンジでの朝食は停止中。

滞在中の朝食はすべて「アマハジ」を利用しました。

「アマハジ」の営業時間

「アマハジ」の営業時間(宿泊時)
  • 朝食:6:30~10:30
  • ランチ:11:30~14:00(L.O.13:30)
  • フルビュッフェディナー:17:00~19:30
  • アラカルト:17:00〜20:00(L.O.19:30)
  • テイクアウト:10:30〜21:00(L.O.20:30)

※営業時間は新型コロナウィルスの影響で変更になっている場合があります。

朝食は朝6時30分から営業しています。

我が家は早起きなので、朝日を浴びながらホテル内の遊歩道や瀬底ビーチを散歩したあと、6時30分に「アマハジ」に行きました。

「アマハジ」はランチやディナーも営業しています。

メニューやプランについてはこちらの公式サイトをご覧ください。

「アマハジ」の朝食料金

「アマハジ」の朝食ビュッフェ料金
  • 大人:3,600円
  • 子供(6~11才):2,170円
  • 子供(0~5才):無料

※料金には税金・サービス料が含まれています。

リゾートホテルの朝食なので、結構な値段がしますね。

例えば大人2名と小学生2名の場合だと1万円オーバーなので、なかなかの出費が必要です。

ヒルトンダイヤモンド特典

ヒルトンオナーズ会員特典

少し見にくいですが、上の図をご覧ください。

ヒルトンオナーズのゴールド以上のステータスがある方は「(ヒルトン系列)すべてのホテルでの朝食無料サービス」があります。

通常大人一人当たり3,600円かかる「アマハジ」の朝食ですが、私はヒルトンオナーズのダイヤモンドのステータスがあるので、本来なら大人2名分の7,200円が必要なところ、無料で朝食をいただくことができました

それだけではありません。

ヒルトンオナーズのダイヤモンドメンバーには特別メニューまで用意されています。

ダイヤモンドメンバーには、オリジナルの卵料理も選ぶことができます。

実際にオーダーしたメニューは後ほど紹介しますね。

このダイヤモンド特別メニューは、こちらからスタッフに言わないとメニュー表を持ってきてくれないことがあったので、利用予定のダイヤモンドメンバーの方は忘れずに伝えましょう!

「アマハジ」の様子

それではここから実際に利用したときのレビューをしていきます。

「アマハジ」はホテル1階にあります。

エレベーターで1階まで降りたら左に行きましょう。

道なりに進むと「アマハジ」の看板と受付があるので、スタッフに部屋番号と名前を伝えます。

ルームキーのケースも一緒にスタッフにちらっと見せました。

理由はヒルトンのルームキーのケースには、ヒルトンオナーズのステータスによって、ダイヤモンドメンバーはえんじ色、ゴールドメンバーは黄色などと色分けがされていて、自分のステータスを伝えるのに手っ取り早いから。

するとスタッフの方から、「ダイヤモンドメンバーの方には特別メニューがありますよ。」と先ほど紹介したメニューの存在を教えてもらえたんです。

受付を済ませ、レストラン内へ。

プール側は全面ガラス張りになっているのでとても明るいです。

ナチュラルカラーの店内は、明るいだけでなく温かさも感じます。

それにしてもとっても広いですね。

「アマハジ」は座席数は、店内で204席もあるので、周りのテーブルが気にならず、プライベートな空間を保つことができます。

「アマハジ」の真ん中辺りから入り口方向を見た様子です。

写真左には大人数でも対応可能な席も用意されていますね。

料理に近いソファー席を案内してもらいました。

子供用の椅子もあるので、子連れの家族も心配なしです。

窓側の席でなくても、窓が大きいのでガーデンビューの景色を楽しむことができますよ。

屋外のテラス席もある

窓の外にはテラス席。

テラス席は60席あります。

プールサイドの南国の木々が広がるガーデンを楽しみながら食事をすることができますよ。

ビュッフェメニューが超充実!

焼きたてパンが食べ放題

ここからは充実した料理の数々を紹介していきます。

まずはパンコーナーから。

パンは毎日焼きたてのものが並べられています。

種類も豊富で、クロワッサンやベーグル、マフィンにデニッシュなどたくさんあります。

ジャムは、ストロベリーやブルーベリーなどの一般的なもののみ。

せっかくならシークワーサーや紅芋など、沖縄ならではのジャムがあるといいですね。

エッグステーションでは作りたてのオムレツも

エッグステーションには常時シェフがいるので、好きな卵料理をその場で作ってもらうことができます。

オムレツが一番人気のようです。

先ほどヒルトンオナーズダイヤモンド会員特別メニューで、エッグベネディクトなどがオーダーできることをお伝えしました。

そのエッグベネディクトなどもこちらのエッグステーションで作ってもらいます。(テーブルでオーダーし、テーブルまで運んでもらうので、エッグステーションの前で待っている必要なし)

沖縄の郷土料理が凄い

沖縄に来たなら沖縄の郷土料理を食べたいですよね。

「アマハジ」は沖縄の郷土料理のラインナップもとても充実しています

冷蔵もの以外の料理は、2つの大きなテーブルの上に用意されています。

それぞれのテーブルにいろいろな料理があるので、目移りしてしまいます。

つるっとさっぱり食べられるもずく酢は私の大好物。

本州のもずくとは全然違って、太くて歯応えがあります。

ゆし豆腐はふっくらしていて、口当たりもなめらかで優しい味です。

ミミガーはピーナッツと和えていて、コリコリとした食感が特徴でした。

コラーゲンが多く健康や美容に良いとされているので、女性の方は好きな人が多いかも。

ジーマミー豆腐はピーナッツ豆腐とも呼ばれ、もちもちした食感。

ミミガーと入れ替わりであったので、毎日あるわけではないようです。

ちゃんぷるーは日替わりで提供。

ある日はふーちゃんぷる。

違う日にはゴーヤちゃんぷるでした。

漬け物には一般的なおしんこだけでなく、パパイヤの漬け物(写真右)もありました。

シャキシャキ食感がよかったです。

エッグステーションのとなりには沖縄そばステーションもあります。

ねぎや紅生姜、コーレグース(島唐辛子を泡盛に漬け込んだ調味料)があるのでお好みで食べられますね。

和洋のメニューもたくさん

「アマハジ」は沖縄料理のメニューも豊富ですが、和洋の定番メニューも種類が多いです。

とても1日で全メニューを食べることはできません!

テーブル左側のラインは、ベーコンやソーセージ、ベイクドトマト温野菜などのメニューがずらりと並んでいます。

赤いル・クルーゼの鍋には、子供が喜ぶスマイルポテトやナゲットなどが入っていました。

テーブル右側のラインにはホットミールが並んでいます。

ホットミールは蓋付きの入れものに入っていて、ほこりや飛沫などが入らないように配慮されています。

お肉料理や焼き魚、焼きそばなどが日替わりで提供されているので、連泊でも飽きなかったですよ。

こちらのテーブルには、沖縄料理の他に、ご飯、味噌汁、スープ、ヒルトンカレーなどが並んでいます。

綺麗に飾られたちらし寿司もありますよ。

「アマハジ」に一番乗りした時に、誰も手をつけていないちらし寿司をパシャリ。

新鮮サラダがうまい

続いてはサラダバー。

旅行中は野菜を摂る機会が少なくなってしまうので、朝食ビュッフェの時には出来るだけ多くの野菜を食べるよう心がけています。

「アマハジ」のサラダバーは、そんなに種類が多いわけではありませんが、新鮮な野菜が並んでいます。

ドレッシングは、常時3種類の用意があって、日替わりでシークワーサーやアセロラドレッシングもありました。

食後のデザートとしてフルーツ&スイーツも

ビュッフェメニューですでにお腹一杯ですが、甘いものは別腹!

ということで、フルーツやスイーツなども紹介します。

フルーツは冷蔵庫最上段にあるオレンジ、スイカ、パイナップルと3種類でやや少なめ。

真ん中の段は、コンポート(砂糖と水のシロップで煮たデザート)と沖縄ぜんざいが。

下の段にはケーキとバナナ、りんごがあります。

ヨーグルトもプレーンやフルーツ入りのものまで用意があります。

ヨーグルトのとなりにはシリアルもあるので、朝食を軽めに済ますこともできますね。

私はもったいないと思ってしまうので、ついついたくさん食べてしまいますが。(笑)

エッグステーションのところにはパンケーキとフレンチトーストがあります。

ソフトクリームの機械もありますよ。

子供たちは喜びそうですね。

私は先ほどのパンケーキの上にソフトクリームを乗せて、コメダ珈琲のシロノワール風にしました。

豊富なドリンクメニュー

最後はドリンクコーナーの紹介です。

ドリンクコーナーにはソフトドリンクとして、オレンジジュースやアップルジュースなどの定番のものからさんぴん茶やシークワーサージュースなど沖縄らしいものまであります。

紅茶は、紅茶の産地スリランカのブランド「Dilmah(ディルマ)」のものが用意されていました。

コーヒーマシンは2台あって、ホットコーヒー以外にもエスプレッソやカフェラテ、カプチーノや抹茶オレなどが出てくる仕様です。

地味に嬉しいのがテイクアウト用の紙コップがあること。

部屋(デラックスルーム以上の客室タイプ)にもネスプレッソマシーンはありますが、挽きたてのコーヒーの方がやっぱり美味しいです。

いざ実食!

「アマハジ」のメニューはとても多いので、全種類を食べることは難しいのですが、出来るだけ色々な種類を食べたいので、少しずつ取ってきました。

サラダは毎日欠かさずに。

写真には写っていませんが、クロワッサンなどのパンもあります。

違う日も同じような感じ。

沖縄料理も毎日美味しくいただきました。

こちらはダイヤモンドメンバー特別メニューのアイランドエッグベネディクトです。

イングリッシュマフィンの上にスパム、ほうれん草、ポーチドエッグが重なり合い、オランデーズソースかかけられています。

ナイフを入れると黄身が溢れ出し、濃厚なソースとからめて食べるととても美味しかった。

子供用の食器は可愛らしい食器。

おかずはスマイルポテトやハッシュポテト、トマトソースのペンネなど、子供が喜びそうなものをチョイス。

ヒルトン沖縄瀬底リゾート朝食まとめ

ヒルトン沖縄瀬底リゾートのオールデイダイニング「アマハジ」での朝食の様子を紹介してきましたがいかがでしたか。

「アマハジ」はとても広く、テーブル同士も余裕がある配置になっているので、プライベートな空間が保てます。

大きな窓のおかげで店内は明るく、南国の木々が広がるガーデンビューの景色も素敵でした。

素敵な景色を見ながら食べる朝食は、充実した沖縄料理をはじめ、サラダやフルーツ、パンにちらし寿司など、とても美味しいものばかり

ヒルトンダイヤモンド特別メニューも美味しかったです。

地元の食材を活かした健康的でバランスの取れたメニューを朝から食べることができたので、大満足の朝食ビュッフェでした。

ヒルトン沖縄瀬底リゾートをお得に予約する方法

ヒルトン沖縄瀬底リゾートに宿泊しようと思った場合、次の2つのポイントを押さえるだけでお得に予約することができます。

お得に予約する方法
  1. 公式サイトから直接予約すること
  2. ポイントサイトを経由すること

公式サイトから直接予約する

1つ目のポイントは、公式サイトから予約することです。

ヒルトン沖縄瀬底リゾートをはじめ、ヒルトン系のホテルでは、基本的に公式サイトやホテルへの電話予約など、直接予約をするのが一番安くなっていることが多いです。

仮に他の旅行予約サイトなどで公式サイトより安いプランが見つかった場合でも安心してください。

公式サイトからの予約については、ベストレート保証をしています。

ベストレート保証申請をして、承認された場合は、部屋の料金を他社サイトと同額にまで下げたうえで、その客室料金からさらに25%の割引料金を提供してもらえます。

なので、公式サイトからの直接予約が一番お得に予約できる方法なのです。

ポイントサイトを経由する

2つ目のポイントは、ポイントサイトをしてから公式サイトで予約することです。

ポイントサイトを経由することで、2%〜4%前後の還元があります。

ここでは自信を持っておすすめできるポイントサイトを2つ紹介します。

TopCashback

一つ目に紹介するのが海外のポイントサイト「TopCashback(トップキャッシュバック)」です。

海外のサイトですが、メールアドレスとパスワードのみで簡単に無料で登録できるので、英語が苦手な方でも大丈夫です。

年会費や手数料などの心配もいりません。

登録の手順を説明していきますね。(PC画面での説明です)

TopCashbackの登録の手順

TopCashbackの登録ページはこちらです。

①TopCashback.comサイトが開くので、「Email」にはメールアドレスを入力、「Choose a password」にはパスワードを入力したら、赤色の枠で囲われている「Join Free」をクリックします。

「Where did you hear about us?」は選択してもしなくても構いません。

②登録したメールアドレスにTopCashbackからメールが届きます。(もしメールが届かないようでしたら迷惑メールフォルダも確認してください。)

③届いたメールの認証リンク(上の図で赤色で囲まれているところ)をクリックします。

これで登録完了です。

続いては、TopCashbackからヒルトンのページを検索する手順を説明していきます。

Hiltonを検索手順

TopCashbackのトップページからサインイン(ログイン)をします。

①トップページの右上にある「SIGN IN」をクリックします。

②登録したメールアドレスとパスワードを入力して「Login」をクリックします。

③検索窓に「Hilton」と入力して、「Hilton Hotels and Resorts」が出てきたらクリックします。

④検索結果が表示されるので、「Hilton Hotels and Resorts」をクリックします。

⑤「Get Cashback Now」をクリックすると、ヒルトンの公式サイトへ移ります。

⑥ヒルトン公式サイトも英語ですが、滞在先をアルファベットで入力し、チェックイン・チェックアウト日を決めたら、利用する部屋数と人数を選択して「Find a Hotel」をクリックして予約しましょう。

英語のサイトなので、苦手な方もいると思いますが、やってみると簡単なのでぜひチャレンジしてみましょう。

楽天リーベイツ

二つ目に紹介するのが楽天市場でおなじみの「楽天」が運営しているポイントサイト「楽天Rebates(リーベイツ)」です。

海外のサイトが不安な方は、楽天リーベイツを利用すると良いです。

楽天リーベイツを経由してもヒルトンの予約ができます。

楽天リーベイツを経由して宿泊すると楽天ポイントで還元されます。

すでに楽天のIDを持っている人は、そのIDとリンクさせることができるので、登録は簡単にできますよ。

楽天リーベイツの登録はこちら

初回購入者限定で500ポイントのボーナスポイントがもらえます。(30日以内に3,000円以上購入が条件です。)

ポイントサイトを経由して少しでもお得に泊まりましょう!

HPCJ(ヒルトン・プレミアム・クラブジャパン)プラン予約をする場合は、TopCashbackも楽天リーベイツもポイントサイト経由不可です。HPCJプランを予約する場合は直接HPCJのサイトから予約しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です