2018年SFC修行第6弾体験記その2~羽田ー石垣ー関空ー那覇ー羽田~

スポンサーリンク

SFC修行第6弾の続きです。

この記事では2日目の内容について書いています。

2日目の行程は、

羽田→石垣

石垣→関空

関空→那覇

那覇→羽田

となっています。

予約状況についてはこちらの記事をご覧下さい。

 羽田空港から石垣空港まで(5レグ)

羽田空港には5:30頃に到着しました。こんなに朝が早いのに、空港には多くの方がいました。やはり東京の規模はデカイですね。

チェックインカウンターは並んでいなかったのですぐに石垣空港までの5レグ目のみを発券してもらいました。

スタッフの方が保安検査も搭乗も混雑が予想されるとのことだったので、真っ直ぐ搭乗ゲートに向かいました。

幸い搭乗口が保安検査場から近く余裕を持って搭乗しました。

f:id:roadtoSFC:20180526065848j:image

5レグは6:20発の石垣行きなので、ラウンジに行く時間がなくて残念です。というのは、保安検査通過後にあるカードラウンジは羽田空港には2つあり、その内の1つであるエアポートラウンジ南は、ベーグルが無料でいただけるのです。ですが、開店時間が6:00からなので間に合わないと判断したからです。5:55頃にラウンジの前を通ったら10人以上並んでました(汗)。機会があれば行きたいと思います。

駐機場にはANAのたくさんの飛行機が並んでいます。

f:id:roadtoSFC:20180526070310j:image

5レグ目の機材は、B767-300で機内Wi-Fi対応です。座席は非常口席が取れなかったのですが、隣がいない二人掛けの窓際の座席を指定していました。

今までの経験上、チェックインの時に隣が空席だったとしても結果的に隣がいることが多々ありましたので期待はしていなかったのですが、今回は空席のままでした。羽田から石垣までは3時間のフライトなのでありがたいです。

フライト中は、窓の外は雲に覆われていて景色が楽しめませんでしたので、機内Wi-Fiを使って過ごしました。

なお、通信速度はこちらのとおり、非常に遅いですが、ないよりは遥かにマシです。

f:id:roadtoSFC:20180526085654j:image

沖縄の方に近づくと雲もなくなり綺麗な景色が広がっていました。

石垣空港付近の様子です。

f:id:roadtoSFC:20180526113235j:image

ほぼ定刻で石垣空港に着陸しました。

石垣空港での過ごし方

石垣空港では約2時間半滞在します。街の方に行くには時間が短いので空港をうろうろしていました。

まずはここに行きました。

f:id:roadtoSFC:20180526113501j:image

写真スポットとなっており、多くの方が写真をとっていました。

その後は展望デッキに行きました。石垣空港の展望デッキは片方は滑走路が見えますが反対側は海が見えます。

海側の景色はこんな感じです。

f:id:roadtoSFC:20180526113602j:image

滑走路側はANA、JTA、Peachがとまっていました。

f:id:roadtoSFC:20180526113830j:image f:id:roadtoSFC:20180526113901j:image f:id:roadtoSFC:20180526113838j:image

空港内の様子です。

f:id:roadtoSFC:20180526114752j:image

一通り散策を終えたのが10:30です。少し小腹が空いたのでゆうなパーラーというお店に行ってきました。注文したのは店員さんオススメの八重山そばです。

f:id:roadtoSFC:20180526121201j:image

スープがあっさりしていて美味しかったです。

ご飯を食べてもまだ時間があったので、空港内散策のときに気になっていたこちらにも寄りました。

f:id:roadtoSFC:20180526121200j:image f:id:roadtoSFC:20180526134126j:image

ハーフ&ハーフで注文でき、紅芋と島ばななの味をチョイスしました。

その後は保安検査を通過し、待合所で搭乗まで時間を潰しました。

石垣空港から関西空港まで(6レグ)

6レグ目は石垣空港を11:55発の関西空港行きです。機材はB737-800でWi-Fi対応でした。

f:id:roadtoSFC:20180526134146j:image
座席は15列目の窓側席で、隣もいませんでした。

Wi-Fiの通信速度は相変わらずです。

f:id:roadtoSFC:20180526134827j:image

フライト中は気流が乱れてる影響でシートベルトの着用サインが付いたり消えたりしていました。結構激しく揺れると大丈夫だと思っていても少しは不安になります。

とはいえ修行の疲れか大半は寝ていましたが。

気がつけば四国を過ぎたところで、ほどなく関西空港到着です。

関西空港から那覇空港まで(7レグ)

関西空港の滞在時間は約1時間半です。関西空港は新婚旅行でエミレーツ航空に乗ったとき以来2度目です。

その時は出国前に食事したりシャワー浴びたりと忙しかったんですが、今回は特にすることもないので、制限エリアを一旦出て、カードラウンジでスマホの充電をしました。

時間になったので、自動チェックイン機で那覇空港までの7レグ目のみを発券し、保安検査を通過して搭乗口へ向かいます。

7レグ目の機材(B777-200)です。

f:id:roadtoSFC:20180526161334j:image

B777-200は3-4-3列の400人以上が乗れる大きめの機材です。

なので多くの人が乗るのかと思いきや、自動チェックイン機での座席指定の時には選択し放題の空席状況でした。

ちなみに指定したのは普通席最前列の通路側席です。

そして、いざ搭乗すると案の定ガラガラで、4人掛けの席に誰も座っていない列の方が圧倒的に多いくらいです。

6~10列目はこんな感じです。

f:id:roadtoSFC:20180526161356j:image

とても静かな機内だったので、寝ようと思ったのですが、こういうときに限ってなかなか寝られず、結局ずっとスマホをいじっていました。

ちなみにこの便の通信速度はこちらです。

f:id:roadtoSFC:20180526172744j:image

ガラガラなのに、いつもとあまり変わりませんでした。

あっという間に那覇空港到着です。

那覇空港で夜ご飯

那覇空港の滞在時間は約2時間半です。まずは3階の自動チェックイン機でチェックインを済ませます。

そのあと何気なく滑走路を見たらAMURO JETがとまっていました。

f:id:roadtoSFC:20180526190531j:image

AMURO JETを見たあとは夜ご飯を食べに行きます。

行ったのはここ
f:id:roadtoSFC:20180526190820j:image

空港食堂です。こちらのお店はJAL側の琉球銀行ATMの奥にあります。沖縄料理を安く美味しく提供してくれます。

f:id:roadtoSFC:20180526191130j:image
そして、頼んだのは

f:id:roadtoSFC:20180526191156j:image

フーチャンプルーです。

相変わらず美味しかったです。

ご飯を食べた後はラウンジで過ごしました。

那覇空港から羽田空港まで(8レグ)

2日目の最後は20:20発羽田行きです。

f:id:roadtoSFC:20180526204811j:image

機材はB737-800で、機内Wi-Fi対応でした。

座席は15列目の非常口席(通路側)を指定できました。

今回も隣の座席は空席でしたが、窓側の席の中年女性が当たり前のように空席になってる真ん中の座席の上に鞄とかの私物を置いていました。さらに、シートベルトの着用サインが消えた後は臭いの強い食事を始めました。

f:id:roadtoSFC:20180526204541j:image
一言断りを入れてくれたらと思いましたが、気にしないようにして寝ます。

最終の着陸体制になったところで目が覚めました。結構眠れました(笑)。

羽田空港にはほぼ定刻の22:45に到着しました。

2日目のまとめ

2日目は初の石垣空港や修行では初めての関西空港に行きました。

朝は6:20発から、夜は22:45まで乗り続け修行感満載でした。



にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です