2018年SFC修行第2弾体験記その2~羽田ー那覇ーセントレア~

スポンサーリンク

SFC修行第2弾の体験記の続きです。

2日目の5~8レグについての記事です

朝の羽田空港

この日は5:30頃に羽田空港国内線第2ターミナルに到着しました。5レグと6レグの乗換時間が45分、7レグと8レグに至っては25分しか時間がないので、まずは5・6レグの搭乗手続きを行い、7レグ前の羽田空港改めて残りについて手続きを行う予定です。

羽田空港には自動チェックイン機がたくさんあります。毎回チェックインカウンターへ行くのが面倒になってきたので、自動チェックイン機近くにいたANAのスタッフさんに、「本日4回国内線を乗りますが、自動チェックイン機ですべての手続き可能ですか」と尋ねたら「可能です」との回答が。早速画面の指示にしたがって操作をしたのですが、画面には5・7レグは表示されているものの、6・8レグについては表示されないため、改めて先ほどのスタッフさんに聞きました。すると、「できないみたいなので有人カウンターへ行って下さい」と。機械の不具合なのか、自動チェックイン機ではそもそもできないのかはわかりません。仕方ないのでチェックインカウンターで手続きを行いました。カウンターのスタッフさんに確認すると、1日に4回搭乗の場合ですと、有人のカウンターでの手続きが必要になるとのことだったので、結論は有人チェックインカウンターへ行かなければならないが正解のようです。

無事に手続きが終了したあと、エアポートラウンジでクロワッサンとコーヒーをいただいて搭乗口へ目指します。

羽田空港から那覇空港へ(5レグ)

6:40発の5レグはちょうど日の出の時間だったのでしょうか。太陽が海から顔を出したところが見えました。

f:id:roadtoSFC:20180121100552j:image
わかりにくくてすみません。
雲の上から見えた富士山も綺麗でした。
f:id:roadtoSFC:20180121095920j:image

那覇空港へは定刻より5分ほど遅れて到着です。

那覇空港から羽田空港へ(6レグ)

乗換時間は5分短く40分となってしまったので、 急いでお土産を買いに行きます。買ったお店は沖縄では超が付くほどの有名店Jimmy’sです。バナナケーキを買いました。
f:id:roadtoSFC:20180121121931j:image

程なくして、搭乗開始のアナウンスが聞こえました。搭乗口へ行くと、今までだと優先搭乗の人たちが多く待っていたり、その後の搭乗待ちの人たちで並んでいるのですが、今回はそんなに人がいませんでした。座席は後方でしたが、真ん中の3人掛けの席はほとんど人が乗ってません。静かでラッキーです。
f:id:roadtoSFC:20180121121839j:image

快適な空の旅はあっという間に終わり、定刻より少し早く羽田空港に着陸しました。

羽田空港から那覇空港へ(7レグ)

まずは7・8レグの搭乗手続きを済ませるためにチェックインカウンターへ行きました。那覇空港でセントレア行きの乗換時間がタイトで遅れると当日中に帰れないため、確認してもらうと7・8レグとも定刻通りを見込んでますとのことで一安心。一応ダメ元で、乗り遅れると困るから1つ早い便に変更を依頼しましたが、案の定、旅割での予約なので変更は無理ですとのこと。予約したのは自分なので仕方ないです。

7レグの出発時間まではエアポートラウンジで過ごそうかと思っていましたが、羽田空港には保安検査通過後にもカードラウンジが2つもあったので、今回は POWER LOUNGE NORTHに行ってきました。場所はこちらです。
f:id:roadtoSFC:20180121175043j:image

ラウンジ内は広くて開放的でしたし、席数が多かったのでゆったりしていました。雰囲気はホームページから引用してますがこんな感じです。
f:id:roadtoSFC:20180121175042j:image

保安検査通過後なので、搭乗時間近くまでのんびり飛行機を眺めてました。

f:id:roadtoSFC:20180121175130j:image

搭乗時間になりましたので機内に乗り込みました。

途中、操縦席からのアナウンスで、気流が強いため到着が5分ほど遅れるとのこと。セントレア行きに間に合うか心配です。もし間に合わなかったら払い戻しをしてスカイマークのチケットを別途購入して名古屋に帰るか、東京か大阪へ振り替えてもらい、そこから新幹線で帰るかなどなど、いろんなことを考えてました。

那覇空港の滑走路が見えてきたのがセントレア行きの定刻の30分前。そこから10分で着陸し、5分でドアが開けば15分前だから間に合うと思い気が楽になりました。ちゃんと着陸してくれればですが。

那覇空港からセントレアへ(8レグ)

無事に着陸して、予想通り定刻の15分前に搭乗ゲートに着くことができました。

機内は小さい子供を連れた方は少なく非常に静かでずっと寝ていました。

定刻通りセントレアに着陸して、無事に第二弾のSFC修行が終わりました。

まとめ

第二弾で感じたこと(特に反省点)は、次の3点です。

・フライト間隔には余裕を持つこと

・1日に4レグする場合は、どこかでプレミアムクラスを予約すること

・窓側で景色を楽しむより、通路側の席を確保すること

まず、フライト間隔には余裕を持つことについてですが、これは言わずもがなだと思います。同じ機材の往復であれば乗り遅れはありませんが、違う機材だと色々な理由で遅れが生じ、結果乗りたい便に乗れなくなる可能性があります。私がタイトな乗り換えの予約をしたのは、余裕がある便より飛行機代が少し安かったからですが、数千円の差であれば、間違いなく時間的に余裕のある便にした方がいいと思いました。

次に、1日に4レグする場合は、どこかでプレミアムクラスを予約することについてですが、これは疲労感が違う気がします。足元が広く、座席の幅も広いと機内でゆったり過ごせます。もちろんPP単価的には旅割の方がいい場合が多いですが、どこかの1レグぐらいはいいのではないでしょうか。まあ旅割オンリーの方が修行感がありますが…。ちなみに、第一弾、第二弾ともに当日のプレミアムクラスへのアップグレードができた人は見ていた限りいませんでした。土日の沖縄路線でプレミアムクラスを予約するのは難しいですね。

最後に、窓側で景色を楽しむより、通路側の席を確保することについてですが、色々な意味で気が楽です。国内でSFC修行をする場合、どうしても沖縄路線は外せないと思います。そうすると、2~3時間ほどのフライトになる訳ですが、トイレに行きたくなったり、CAさんに何かお願いしたりするときには、窓側で隣に人がいると我慢してしまいます。遠慮なくできる人はいいかもしれませんが、小心者なのでどうしても遠慮してしまいます。そういう経験も踏まえて通路側がいいと思いました。まあ、これについては個人差があるとは思います。

何はともあれ無事に第二弾の修行も終了し、約半分のプレミアムポイントが貯まりました。
f:id:roadtoSFC:20180122080443j:image
残りのプレミアムポイントは、プレミアムクラスで石垣を往復してブロンズ会員になり、その後は海外発券のクアラルンプールタッチで解脱を目指すか、シンガポールタッチとOKAタッチを混ぜて解脱を目指すか、また第一弾や第二弾のような国内オンリーで解脱を目指すかを考えたいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です